胎動シェア装置を試作してみた

過去に作成した、胎動シェアスルンという作品の紹介です。

妊婦さんのお腹の胎動を、遠隔地にいるパパのお腹に伝ええることを目指した装置です。

全体構成はこちら。

まず聴診器でお腹の音をひろい、ママのスマホで周波数でフィルタリングします。

胎動だと検出したらWebRTCでパパのスマホに通知します。
(試作品ではSkyWayというサービスを使いました。)

最後にBluetoothで接続したアクチュエータを動かしてパパのお腹に衝撃をあたえます(笑)

現段階では音の識別部分が適当(FFTかけて範囲でフィルタリングしてるだけ)なので、ノイズだらけで使い物になりません。
このへんがAIやらなんやらで解決して、いつか実用化できるといいなぁと思います。

この作品は、Maker Faire Tokyo 2015で展示させていただきました。
(近々「ぽこったー」と名を改めて生まれ変わる予定)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です